実は危険な参拝問題

 首相の靖国参拝には反対の立場ですが、小泉純一郎が靖国参拝をすることには問題ないと思います。これは外交問題ではなく、国内問題だという認識です。アジア外交のためにもまず、小泉首相の靖国参拝を国内的に認めるべきだと考えて、このエントリーを起こしました。

* * * * * * * * * * * *

 信教の自由は、憲法の基本原則であり、国家によって保証される。したがって小泉首相の参拝に問題はないどころか、個人の権利として守られるべきだ。極端な話、小泉首相がオウム真理教信者でも創価学会員でも法の華信者でも、問題ない。

 しかし同時に、政教分離の原則もある。つまり、個人としての参拝は良いが、公人としての参拝はマズイ。国家が特定の宗教を支援することは、マズイどころか有り得ない。だから首相の公式参拝は、絶対に認められない。

 小泉純一郎個人としての参拝は認めるが、首相の公務としての参拝は認められない。では、どこからどこまでが私人で、公人なのかという線引きが必要である。ここが本質的な問題である。「首相に私人も公人も無い」という意見は、絶対にマズイ。確かに「私人か公人か」などというのはフィクションに過ぎないが、そのフィクションを信じられない人間が「日本が・・・」とか「世界が・・・」というフィクションを語るのは、ますます危険である。今、日本人が徹底的に議論すべきは、公と私の線引きだ。

 ここで外交を持ち出しても、いたずらに問題を複雑化するだけだ。まず、どのようにして信教の自由を守るかが問題で、それが解決した後、どのような信仰を持った人間が首相に選ばれるべきかを投票すれば、自然とアジア外交に対する日本像が浮かび上がるからだ。

More
[PR]
# by monkey909090jp | 2005-10-19 07:32